荒川区議会議員 竹内あきひろ 未来へ繋ぐあらかわデザイン

良いお年を

2011年12月31日 21:24

今年も残すところ数時間。

大晦日の本日は街頭活動で締めくくり。

今年一年振り返るといろいろな事が思い出される。

3月、東日本大震災。4月、区議会議員選挙。その後の議員活動と

被災地支援活動、あっと言う間の一年間だった。

来年も充実した一年になるよういろいろな事にチャレンジしていこうと

思う。

一般質問続き

2011年12月15日 11:55

 

3.中小企業の支援策、観光振興について

・西日暮里スタートアップオフィス(NSO)の成果について

答弁:平成13年10月の開設以来、本年3月までに59社を送り出しこのうち

51社が成長を遂げ、成功を収めている。51社のNSO入居中の成長率は

資本金伸び率177.6%、売上高伸び率は82.9%となっており、区内定着率

も54.9%となっている。

・産業展の出展企業の効果等について

答弁:区内中小企業を区内外に広く紹介するとともに企業相互及び産学官の交流

の場を創出することを目的に実施している。出展企業を対象にしたアンケートでは

「最大、25社の商談があった」という企業や「製品の工夫のアイデアを聞くことができた」

など出展効果に関する意見を頂いている。

・大規模展示会へ区として出展することについて

答弁:東京都の「産業交流展」には平成20年度まで区として出展していたが出店方式

の変更や参加企業の減少などから出展を取りやめた経緯がある。現在、展示会等へ

の出展支援として「見本市出展」補助がある。また、本年10月にはより効果的な出展

につながるよう見本市・展示会の成果向上に向けたセミナーも開催した。

今後も多くの企業が補助金等の制度を活用して広域的かつ効果的な販促活動を行える

よう、積極的な周知を図っていきたい。

・来年5月に開業するスカイツリーと区の観光資源を有機的に結びつけた観光振興

が必要と考えるが

答弁:これまで荒川区におけるスカイツリーを活用した観光振興策として、ビュースポット

としての魅力発信を行ってきた。区の大きな観光資源であるあらかわ遊園や都内で唯一

の都電荒川線といったものと結びつけて誘客を図ることは重要な視点と認識している。

今後もスカイツリーに関する状況を注視し、荒川区ならではの魅力発信、回遊性を活か

した区への誘客について推進していく。

・2013年の東京国体開催時に、荒川区ではデモンストレーション行事としてキンボール

大会が行われる。多くの人が集まるこのようなスポーツ大会の機会に、区の魅力を発信

し、観光客誘客、ひいては地域経済の振興に結びつけるべき

答弁:スポーツを観光資源の1つとしてとらえ、インバウンド拡大及び観光振興の「起爆剤」

として注目されている。区においても先般、あらかわ遊園運動場でわんぱく相撲東京都大会

が開催された折には、選手や応援する家族の皆さんに楽しんで頂こうと隣接するあらかわ

遊園の入園料を無料にするサービスを行いPRをし、参加者にも大変喜ばれたと聞いている。

スポーツ大会をはじめ、こうした区内外から多くの人が集まる機会を、観光振興の面からも

情報発信やPRの場ととらえ、関係部局と連携を図り、いかしていきたい。

4.NPO、ボランティア、企業との協働社会の推進

・NPO、ボランティア、企業の社会貢献活動に対する表彰制度導入と支援策について

答弁:NPO等との協働は多様化、複雑化する区民ニーズに対応していくために不可欠と認識

しており区では、経営戦略プランの1つとして「協働戦略」を据え積極的に協働のための取り

組みを行なっており、今後も着実に推進していく。近年区内では、地域に取り組む活動が広が

っている。ご提案頂いた活動分野を問わず地域貢献を行なっている団体等が活動の励みとな

るような、表彰と活動内容の公表を含め、さらなる支援策について、その可能性を検討していく。

・災害時におけるボランティアの受入体制について

答弁:荒川区では、平成22年7月に、荒川区社会福祉協議会との間で、災害時における

ボランティア活動に関する協定を締結し、区が設置するボランティアセンターの運営等に

ついて連携体制を構築した。

このたびの大震災においてもこの協定の趣旨を踏まえて区と社会福祉協議会とが協力し

合いながら、被災地への救援物資の搬送や区内避難者への支援活動を展開してきた。

さらに、現在、見直しを行なっている地域防災計画においても、災害対策本部における

ボランティア受入体制の強化をはじめ、東日本大震災の被災地における事例を参考に

した取り組みを検討している。

区としましては、大地震発生時、全国から駆けつけるボランティアの方々が十分に力を

発揮していただけるよう、円滑な受入体制の整備に努めていく。

 

 

 

第4回定例会が閉会

2011年12月13日 12:08

先般、第4回定例会(11月29日~12月12日)が終了致しました。P1280136.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

今定例会では私自身、初めてとなる一般質問をさせて頂きました。     

以下、質問事項と理事者の答弁を掲載致します。

1.経費削減とリスク回避の視点から「特定規模電気事業者」の更なる活用をすべき

・公立小中学校における導入効果と今後の展開について

答弁:区立小中学校における特定規模電気事業者からの電力購入については

平成22年度から峡田小学校、原中学校、平成23年度は南千住第二中学校

の3校で東京エコサービス(株)から電力を購入しております。導入効果として

平成22年度の2校の実績で、電気料金は約40万円の縮減、CO2は約200t

の削減となっております。今後は導入校の拡大に向けて、同社と調整を図って

まいります。

・特定規模電気事業者を活用し本庁舎を含む区施設の電気料金を削減するため

電力入札を実施すべきと考えるがどうか

答弁:特定規模電気事業者の導入対象となりうる契約電力50KW以上の区施設

は、小中学校を除き、本庁舎など40施設ほどある。施設ごとの電力の使用量や

使用状況等の諸条件により、電気料金の削減が期待できる施設においては、

特定規模電気事業者の更なる活用を検討すべきものと考える。

検討に際しましてはまずは清掃工場で発電された電力について、23区固有の

資源として最大限の有効活用を図ることが、清掃一部事務組合の一員としての

責務であると認識している。現在、その電力は東京エコサービスを通じて他の

特定規模電気事業者にも卸販売されているため、可能な限り電力小売業に振り

分けることにより、学校を含め、より多くの公共施設が電力を購入できるよう、

清掃一部組合や東京エコサービスと調整していく必要があると考える。

今後、区としましてご質問の趣旨を踏まえ、必要な調整・検討を積極的に行って

まいります。 2

2.学校給食食材の安全性確保について

・学校給食食材の安全性を確保するためにどのような取り組みを行うか

答弁:学校給食で使用する食材については、国が都道府県に対して食品の放射能

測定を義務付け、食品衛生法の規定に基づく暫定規制値を超える放射能物質が

検出されたものの出荷を制限しており、現在、市場で取引されている食材は安全

であると認識している。この認識の下、教育委員会が国の出荷制限等の情報を

各学校に逐次提供し、学校ではこの情報に留意した上で安全な食材を調達している。

このため、区としては学校給食の安全性を確保するための測定などを区独自で行う

必要はないものと考えている。

尚、給食の提供に際しては食の安全を確保するために至極当然のこととして、衛生的

に保管された調理器具を使用し、食材を十分に洗浄した上で、確実に加熱するなど

細心の注意を払いながら調理し、提供している。

 

 

緊急情報を多くの区民等に対して迅速に提供するため、これまでの区の情報伝達手段

に加え、緊急速報「エリアメール」のサービスを活用。

1.概要

(1)NTTドコモが契約者(携帯電話及びスマートフォン加入者)に対して、気象庁からの

緊急地震速報のメールを配信するサービスで自治体が本サービスに登録すること

により緊急地震速報に加えて避難勧告、避難指示等の緊急情報を登録自治体の

エリア内にいるNTTドコモの契約者にメール配信が可能。

(2)区が提供を開始する緊急情報・・・・

避難準備情報、避難勧告、避難指示、津波警報、噴火警報、東海地震予知情報

弾道ミサイル情報、大規模テロ情報 等

(3)対応機種

125機種、平成23年3月以降に発売された機種は全て受信可能。

また現在受信不可の一部のスマートフォンについてはソフトウェアのバージョンアップ

により段階的に受信可能。

2.荒川区での導入

(1)配信担当部署 荒川区防災課

(2)費用 無料、申し込み不要、月額使用料及びメール受信料無料

(3)配信開始  H24年1月

※au、ソフトバンクともH24年から提供を開始する旨を発表しているが

必要経費等、詳細については未公表。順次導入にむけ検討中。

12月3日(土)からプレミア付き区内共通お買い物券が販売されます。

1万円で1万1千円分のお買い物が出来ます。

販売開始日 平成23年12月3日(土)

販売場所:下記店舗にて(赤いのぼり旗が目印)

有効期限:平成24年5月31日(木)まで

西尾久地域: 

・小台本銀座商店街 柊屋ふとん店(西尾久1-26-10) 

・女子医大通り宮前商店会 ファッションスミレ(西尾久2-6-10)

・あっぷるロード小台 あっぷる館(西尾久2-29-5) 

・小台橋みずき通り商店会 (旧)魚長(西尾久3-17-3) 

・小台本銀座柳会 上澤寝具店(西尾久5-7-24) 

・遊園地通り商興会 寺島酒店(西尾久6-30-7)

東尾久地域: 

・尾久本町通り商店会 東尾久本町町会会館(東尾久3-14-2) 

・ふれあいCITYおぐぎんざ おぐぎんざ商店街会館1F(東尾久4-21-9) 

・はっぴいもーる熊野前 熊野前商店街事務所(東尾久5-17-13) 

南千住地域: 

・ジョイフル三の輪 ジョイフル会館1F(南千住1-19-1) 

・南千住商友会 三井屋楽器店(南千住5-1-13) 

・コツ通り商店会 野田屋酒店森谷(南千住5-42-7) 

・べるぽーと汐入商店街 汐入商店街西館中央通路(南千住8-4-5)

荒川地域: 

間道商興会 魚松(荒川1-21-1) 

・荒川仲町通り商店街 赤川商会(荒川3-29-7)

町屋地域: 

・まちやアベニュー リサイクルショップなんでも家(町屋2-3-10) 

・旭電化通り商光会商店街 栄屋居串酒店(町屋6-4-2) 

・尾竹橋通り三栄会商店街 テングヤ洋品店(町屋8-4-8-107)

東日暮里地域: 

・正庭商栄会 ヤマノヤストア(東日暮里1-16-9) 

・かんかん森商興会 小森谷酒店(東日暮里1-38-6) 

・日暮里銀座友交会 しらぎや(東日暮里5-7-2) 

西日暮里地域: 

・道灌山通り商和会 須長米店(西日暮里1-33-4) 

・冠新道商興会 関口電器(西日暮里6-28-6)